椎間板ヘルニア症状の克服。小田様30代女性の場合 | 廿日市市で整体院なら なかまる整体院    
Tap to close

椎間板ヘルニア症状の克服。小田様30代女性の場合

椎間板ヘルニア症状の克服。小田様30代女性の場合

0829-30-7790広島県廿日市市阿品4丁目1番23号

椎間板ヘルニア症状の克服。小田様30代女性の場合

椎間板ヘルニアという、レントゲン、MRI診断

徒手検査上、SLR・WLRという検査があり、仰向けで寝てもらいまして、片足筒ずつ膝を伸ばしたまま股関節を前方へ屈曲してもらうテストです。

HPに、椎間板ヘルニア診断の方法を掲載させてもらっていますのでそれを参考にしてください。これは、個人でできます。

 

結果、陽性でした。病院通院でその2か月間何も変化せず、さぞお辛かったことであろうと想像できます。

 

なかまる整体院での椎間板ヘルニア症状の改善方法ですが、

ヘルニアを引っ込めることはしません。歩行動作、起立動作、前屈動作、後屈動作や長時間座って作業しても痛みが出ない身体づくりをしていきます。動きの中で痛みをともなわない状態を作り上げるだけです。日常生活上に痛みがでなくなったら、その状態を定着されれば問題が無くなったと言えましょう。しかし、レントゲンやMRI上の映像所見は、おそらく問題はあると思います。もしかしたら、無くなっているかもしれません。全く痛くない状態が維持されていれば何の問題もないと思います

椎間板ヘルニアは腰骨の間のクッション材である「椎間板」が壊れて中身の髄核というゼリ-状のものが椎間板から逸脱し飛び出し、神経を圧迫する病態をさしています。しかし、画像診断でヘルニアが確認できても、それが症状に関係しているとは限らないものです。そして、長い間無症状のまま、逸脱した髄核が自然消滅、または小さくなるケースも少なくありません。なぜならヘルニア部分は水と蛋白ですから、ガングリオンをつぶすのと大して変わらないと思うんですよね。
健康な人の腰骨の実に70%は変形している、椎間板ヘルニアになっているといわています。

椎間板ヘルニアと聞くと、即手術と考えがちでしょうが、実際は手術が必要な「病的なヘルニア」はごく少数なのです。

整体で治すべきです!!

 

ご予約・お問い合わせ広島県廿日市市なかまる整体院(ゆるみ整体院)

  • 電話番号
  • ネット予約
  • line@

営業時間